技術の紹介や活用方法、概算見積まで、さまざまな”はかる”をご提案いたします。

リアルタイム3Dデータ取得

計測したい場所を歩くだけで、リアルタイムに3Dデータを取得

屋内外問わずにデータ取得が可能

『HERON』は背中に装着し、計測したい場所を歩くことで周囲の3Dデータが取得できるバックパックタイプのレーザースキャナーです。

レーザースキャナー、IMU、360°カメラユニットが一体型となっており、それをコントロールユニットの先端に取り付け、イーサネットケーブルでタブレット端末と接続します。
手元のタブレット端末画面に、リアルアイムで表示される計測データを確認しながら計測ができます。

軽量・時短

従来、固定式の3Dスキャナーでは、都度機器の配置・セッティングが必要となり、多くの時間を必要としました。
ウェアラブルレーザースキャナーはGPS/GNSSを使用しないSLAM処理のため、セットアップ後すぐに計測が可能です。

軽量のため従来の機器設置に比べて短時間での組立が可能となり、時間とコストの節約に繋がります。

あらゆるシーンで活躍するデータ

データの処理は基本的にデスクトップソフトウェアにて自動化され、後工程に使用される汎用的なデータにエクスポートされます。

人が移動できる場所ならどこへでも測量可能なので、車載型MMSでは進入できない場所や、ドローンなどの飛行制限区域などで活躍します。
人通りの多い所、トンネル、建物内部、森林調査等においても有効に活用されています。

 

 

商品を選択()すると下に概算金額の合計が表示されます。
詳細なお見積をご依頼される方は、お客様情報をご入力のうえお問合わせください。

  • あなたの選んだ商品:レーザ計測
    {{LABEL(heronkeisoku)}}
  • 詳細なお見積をご依頼される方は、お客様情報をご入力のうえお問合わせください。

  • ※のついた項目は入力必須
PAGETOP
Copyright © はかるねっと All Rights Reserved.